あれが英語学習の王道

安易に和製英語を使う癖をつけないほうがいい

困ったときに楽なほうへ流されてしまうのは、人間が自分の命を守るための防衛本能なので仕方がないと言えます。ところが、英会話の上達を目指すときに大きな壁となって立ちはだかってしまうことなのです。英会話しているときには、言いたいことが頭の中に浮かんでいるけれども適当な単語を勉強していなかったために発言できないことがしばしばです。そんなときに、日本人だけに伝わる和製英語で話を進めてもネイティブスピーカーの頭の中を混乱させるだけです。
何が和製英語なのかどうかは、単語を片っ端から勉強していくと理解できるようになります。難しいスペルであるように見える英単語が、実際は実在する和製英語の元になっている意味が簡単なものであるという可能性は高いです。昔の日本人からしてみれば、難しい英単語であれば独自に改良を加えて言いやすく意味が通りやすいものとして生まれ変わらせるほうがコミュニケーションの円滑化が図れると感じます。
上手に英会話できるようになるために講師からのレッスンを受けようとする社会人は少なくありませんが、もともとの語彙力が低いと学習効果が高くなりにくいです。最低でも高校卒業程度とされる3千から4千程度の英単語を暗記している状態でなければ、講師が言っていることの大半以上が理解できません。レッスン中であれば内容がわからなくても少しずつ上達していくものの、あらかじめ独学で語彙力を高める取り組みに没頭するのが効果的です。